口臭治療は病院でちゃんと外来で病気として診てもらえます

口臭治療は病院でちゃんと外来で病気として診てもらえます。

口臭の原因として糖尿病と歯周病の関連もよく知られています。糖尿病により、白血球などの免疫機能低下や微小血管障害が起こると歯周病菌が増殖し、感染しやすくなります。

口臭が病気であることは、これで納得ですね。

一方、歯周病で炎症反応が起こると、血糖値が上がるといわれています。そのため糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病があると糖尿病になりやすいという悪循環が起こるのです。

ですので、口臭治療は根本から治さないといけないのです。

(参照:口臭は病気として外来で検査治療ができます

お年寄りやおじさんのにおいは、加齢臭あるいはおやじ臭と呼ばれ、いずれも不快なにおいとして嫌われています。その不快なにおいは皮膚の表面の皮脂や垢などが細菌によって分解されて発生するといわれています。

年をとるにしたがって、唾涙腺機能は低下していきます。

これは単なる加齢現象だけではなく、複合的な要因が関与しています。たとえば、高齢になるといろいろな病気にかかって内服薬を飲む人が多くなり、その服用している薬の副作用で、口腔乾燥が生じることがあります。

あとは、胃腸の病気、肝臓や腎臓の病気、糖尿病もあれば気管系の病気でも口臭は発生します。